三原不動産鑑定システム

三原不動産鑑定システム
事業案内
不動産鑑定評価
デューデリジェンス
コンサルティング

インフォメーション
納品までの流れ
料 金 ( 報 酬 )
依頼書・確認書等
Q & A
リンク集

会社案内
会社概要 ・ 所在地図
代表挨拶
求人情報
お問い合わせ
利用規約

事業実績

ポジティブ・オフ


Q&A

鑑定評価と、不動産業者(宅地建物取引業)が行う不動産査定との違いは?

不動産査定は、不動産業者が仲介業務のサービスの一環として行なうもので、無料(報酬を伴う場合には不動産鑑定評価法に抵触します。)が原則です。不動産業者の不動産査定は売買の参考にはなりますが、その価格の信頼性は必ずしも高いとはいえません。また、その内容について対外的に説得力があるものではありませんし、その内容について公的機関に対する通用力もありません。

一方、不動産鑑定評価は、国家資格者である不動産鑑定士が、国土交通省が定めた「不動産鑑定評価基準」に基づいて不動産の価格を判断し、これを表示するものです。不動産鑑定評価は法律の規定により不動産鑑定士のみが行えます。鑑定評価の報酬は比較的高い場合が多いですが、不動産鑑定士が相場からの相対的な価格だけではなく、不動産の持つ価値を多様な側面から考察し、最終的な不動産の適正な価格を判断するもので、不動産鑑定評価により作成される不動産鑑定評価書には、この判断の過程、根拠及び理由が関連資料とともに明記されており、そこに表示される価格は信頼性が高いものといえます。

Copyright(C)2012 , Mihara RE Appraisal System. All Right Reserved.